DOYURUNのUTMFを目指して、太陽光発電を愛する男

トレラン、太陽光など自分の趣味や関心のあるもの

信越五岳トレイルレース 110キロ その2

宿は会場から車で五分くらいのペンション
車移動で近くてラッキー
ちょっと壁が薄いのが気になりました、、
素泊まり1万円は高い。

レース当日は快晴で風もなし

スタートは30分遅れる

言い訳できないコンディションです。

スタートしてみると意外と暑い、、

私はもともと汗かきなので心配でした。

最初の菅沼エイドでしっかり水分を補充し進むことに

バンフエイドまでもあまりペースは上げず(まだまだ余裕あり)
ここから暑さに苦しみました。熊坂までたいした登りはないように見えるが、暑さで登りがキツイ、、
バンフから熊坂まで長く感じ、水を浴びながら頑張って登りました。
熊坂エイドのトマトまるごと頂き元気回復!
ここから黒姫まで頑張って走りました。
結構ここがポイントと書いてるブログがありましたが、私は頑張ったので結果的に救われました。日を遮るものがなく暑かったので、走っては歩くの繰り返しです。30步歩いたら走るみたいにダラダラ歩かないように気を付けました。

そして後半へ ここまで胃腸も絶好調‼️
ホントにこのコース林道ばかりで走らされます。。
笹ヶ峰エイドでカレーを食べてライトを頭にセットしてスタートです。

でもここから汗で体が冷え、寒く感じ始めそしてお腹の調子もだんだん悪くなり始めました。
体が嘘みたいにだるくなりました。力が入りません、、ごまかしごまかし前に進みます。
ここで睡魔にも襲われ全然集中できません。

戸隠スキー場まで進み仲間に体が元に戻る感じがなかったのでリタイヤを告げましたが、ここまで来て諦めるの?四時間あるからゴール目指そうと促されました。

そして腹を決めてまた前に進み始めました。

ペースはあんまり上がりませんが、頑張って進みました。瑠璃山の登りがキツかったですが下りもキツかった、、草が濡れてて二度ほど派手に転び、、悶絶
ドロドロ地獄でまた転びザックも切れるし、、ショックでした。
最後のエイドまで必死に下りここからの長い林道頑張って進みました。
距離の標識が無いので間に合うかどうかはわかりませんでした。
ラスト1.8キロで係りの方に諦めるな~、全力で走れ~て激を飛ばされ燃えました。

制限時間五分前にゴール。

こんな経験初めてです。

結果的に完走率55%

 

4時前にゴール

ここからまだまだ寝れない

ホテルの赤倉までが車でめちゃくちゃ遠い、、

なんで??

ホテルに着いたの朝の5時

外は明るくなってきた、、

ホントに大変なレースでした。

でも大満足


f:id:DOYURUN:20190919205718j:image

 

 

 

信越五岳トレイルレース 110キロ その1


f:id:DOYURUN:20190918194434j:image

国内で初の100キロ超えレースに参加です。
この大会まず前日からの雰囲気が違います。
夜のパーティーも盛大だし、参加してる選手も体が細い。パーティーではコップ持参だったので記念に購入~

みんなしっかりトレーニングしてる感が伝わってくる。
そして暗闇の中100マイルのスタートをみんなで見送る。ビッグレース感がある。
カッコイイ~出てみたくなる‼️夜でも涼しいと感じるがそこまで寒いとは感じなかった。

選手の輸送の都合で110キロ今回はスタートが30分遅くなる。目標タイムは21時間 制限時間22時間
たぶんニューハレーのテーピングしてる選手が多く、私もその一人
ザックはRUSHの多さが気になった。私は流行の最先端に疎いのであんまりわからない、、
シューズは人気がバラけてる印象。私はこの二年間テクニカを愛用。靴底が大分ツルツル
来年の100マイルレースに向けそろそろシューズを選ばなくては、、
サングラスはちょうど会場で売ってたからグダーを購入
参加賞のパタゴニアのTシャツがカッコイイ~
宿は車で5分位で近くて良かった。

ブリーフィングで初の100キロ越えの選手が大半だった。

 

 

空木岳 うつぎだけ

最後の休みに空木岳行ってきました❗


f:id:DOYURUN:20190819061608j:image

父に三ヶ月前から空木岳に行きたいと会うたびに言われようやく行ってきました。
空木岳です!
意外と登り少なめな印象でしたが、花と景色が良かったので満足です。個人的にはあと1時間くらい登りがあっても良かったかなって勝手に思っちゃいました、、
下界と違って涼しく景色も最高で良い練習になりました。
あとゴミもほとんど落ちてなかったので、意識の高さを感じました。
来月も行こうかな~

 

名古屋から車で三時間半

登り五時間かからないくらい。
下り三時間半 

*ほぼ歩き下りのラストのみラン

京都一周トレイルハイパー

来月の信越を見越して
京都一周ハイパーに参加してきました。

猛者たちの集まりです。
f:id:DOYURUN:20190813122854j:image
来月の信越を見越して
京都一周ハイパーに参加してきました。
一番緩いレベルで62キロで15時間半でした。(一部コース省略あり)
めちゃくちゃ暑いし大変でした。夏の京都はヤバい。特にロード、、灼熱。。コンビニに寄れたので良かったです。
嵐山から夜間のパートは意外と暑くて結構疲労がきた感じがありました。
鞍馬の天狗のところまでがかなり体調がダメダメでキツかったです。
来年は上のクラスにチャレンジするのもありかも⁉️
終わってみれば楽しい練習会でした。
終わったあとのお風呂雰囲気良いですし、カレーめちゃ美味しかった~
 京都最高でした。
f:id:DOYURUN:20190813122935j:image



一番緩いレベルで62キロで15時間半でした。(一部コース省略あり)
めちゃくちゃ暑いし大変でした。夏の京都はヤバい。特にロード、、灼熱。。コンビニに寄れたので良かったです。
嵐山から夜間のパートは意外と暑くて結構疲労がきた感じがありました。
鞍馬の天狗のところまでがかなり体調がダメダメでキツかったです。
来年は上のクラスにチャレンジするのもありかも⁉️
終わってみれば楽しい練習会でした。
終わったあとのお風呂雰囲気良いですし、カレーめちゃ美味しかった~
 京都最高でした。

奥三河パワートレイル 2019 リタイア


f:id:DOYURUN:20190409082347j:image

反省
 調整不足
  新城32キロから二週間で練習2回しか走れず
  体調面
   花粉症がキツくてのどが痛み練習休み
   大会一週間前から腰痛に、、
   職場の階段一歩上がった時に腰に重りをのせたような感じなり、ここからヨガやったりするもダメで日々悶々と。
    腰が痛いと不安で練習、筋トレもできず。

前日夜は焼肉 刺激が強すぎたかな、、次回は炭水化物多めで和食(笑)

 そして睡眠不足、部屋でお酒飲むも眠れず、、

今年は参加者が増えたからかスタート直後の渋滞がさらに酷かった、、

二時間経ったあたりから、凄く汗をかくようになり、ふくらはぎが両方つりそうな感じがあった。たった10キロ位でこんなふうになったのが初めてでリタイアを覚悟。
さすがに二つ目のエイドで終わるのわとの思いで小松まで行ってリタイア。お腹の調子もイマイチで結果二年連続リタイア。
今回はベストな状態で挑めなかったことがすべて。ここに挑める状態ではなかった。でもトレラン仲間に会えてホント楽しかった。気持ちを改めてまた頑張ります。
来年もエントリーしよう❗

 

この先のエントリー予定

Ontake100k

信越五岳110k

忍者トレイル

揖斐川ラソン

 

奥三河パワートレイル

 


f:id:DOYURUN:20190405193924j:image

新城32kが終わり疲れが癒えたらすぐまたレース。幸せだな~
ホントなら去年の雪辱を全力で晴らすと力強く宣言したいところ、、
風邪は引くし腰痛になるわでコンディションが調わない。。昨日も整体へ。ヨガだけで良かったのに、階段に足を掛けたら腰痛に、、こんな悲惨な状態でレースに挑むの初めて。。
風邪はなんとかなったので、あとは腰 不安で練習できなかった、、。

昨年との違い

制限時間
スタートが30分早くなり制限時間は昨年と同じ。完走できる予感‼️
※昨年は鳳来寺山降りたところの最後の関門でアウト。
だが睡眠時間減る。。睡眠大切‼️

気候
 たぶんこれが昨年と大きく違うかも
  昨年日中がとにかく暑くて厳しかった。
   途中何度も座ってしまった、、最高気温6℃位違うんじゃないかな。
その代わり朝のスタートが寒いのが地味にこたえるかな、、山頂辺りに雪が残ってるみたい。新城のスタート並みに寒いかな
今回はスタート6時~ゴール19時までだと 夜もあるから服装悩む~晴れだから短パン、半袖シャツ、ロングソックス、アームカバー位でいきたい。手袋もいるかな、、

2019 新城32k

新城32キロ 7時間3分 自己ベスト更新ならず。目標6時間半(自己ベストから25分更新)
f:id:DOYURUN:20190325203003j:image
f:id:DOYURUN:20190325203043j:image

前半の亀石の滝までに自己ベストから15分位縮められたのでこれいけるかもと思ったのですが、ここからボロボロ。15分の貯金がすぐに消える。前回はここからわりと元気でしっかり戦えたのですが、なんかゾンビのようにフラフラと力なく登ってました。ここで絶対自分に負けないって位の気持ちで登れるときは気持ち良いんです。
対面通行エリアに入り前のランナーがリタイアするならここですか?と不意に係員に確認。自分の心にも正にリタイアの選択肢あり。悩みながら登りながら進む。途中さっきの所まで戻ろうか考えましたが、少しずつ自分のリズムで進めるようになりました。まさにコースを知ってる強みですね❗あとは棚山からゴールまで地道にコツコツ進むだけ。一ヶ所綺麗な花が咲いてる所を見て元気になりました。あれだけ頑張ったランナーへのご褒美です。毎回ここで気持ちがリフレッシュできます。
今回は記録更新を狙ったらチャレンジで失敗だったのでそんなに後悔はありません。むしろ精神的にボロボロになった中ここまで持ち直せたことは自分にとってプラスでした。

反省点
 前半突っ込みすぎは良くない。
 こまめに補給する 調子が良いと補給を後回しにする

これを踏まえていざ奥三河
再来週の奥三河は時間的余裕を一切与えてくれないので、常に半分より前にいないと関門アウトに、、このため最初からとにかく走らされる。でもエイドの食べ物が充実してるから美味しく頂きたい。応援がマラソン大会並みにあり気持ちいい❗楽しみになってきました。晴れると良いな
f:id:DOYURUN:20190325202951j:image